クリエイト西武の長期出張中の家賃はどうする?長期出張中の住居費を浮かすコツとは

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-696-730

営業日時
10:00〜18:00
定休日
臨時休業・年末年始

長期出張中の家賃はどうする?長期出張中の住居費を浮かすコツとは

長期出張中の家賃はどうする?長期出張中の住居費を浮かすコツとは

一人暮らしの場合、仕事で長期出張をすることになると、家主が不在になります。誰も住んでいない間、月々かかる家賃はどうなるのでしょうか。実は、長期出張中の家賃などを浮かせるにはコツがあります。知っていると知らないとでは、大きな差がつくでしょう。

そこで、不在中の家にかかる家賃やその他の費用の押さえ方を紹介していきます。あわせて、出張先での住居費の浮かせ方、管理会社への連絡はすべきかどうかなども解説していきます。

長期出張中でも家賃は発生する

長期出張で家を不在にするといっても、家賃は支払わなければなりません。その分、割引になることもないのです。長期出張中でも、忘れずに家賃を支払うようにしましょう。支払いが滞ると、緊急連絡先や勤務先に連絡がいったり、強制退去させられてしまう場合もあるからです。

なかには、家賃代を稼ぐために、出張中に家を無断で転貸する借主もいます。しかし、これは違法です。見つかれば、賃貸契約を解除されることになるので注意しましょう。

家を契約したままにしたい場合は管理会社に連絡を

家を契約したままにしたい場合は管理会社に連絡を

1日2日家を不在にするぐらいであれば、わざわざ管理会社に連絡する必要はありません。しかし、賃貸契約書の中に「長期不在の場合は連絡しなければならない」などの記載があれば、必ず連絡するようにしましょう。

もし連絡せずにいて、あとで発覚した場合には、契約違反になります。場合によっては、賃貸契約を解除されてしまう可能性があるのです。もし何も記載されていない場合は、連絡しなくても契約違反にはなりません。しかし、防犯上、不在になることは告げておいたほうがいいでしょう。

住んでいる家で火事や盗難事件などトラブルがあった場合、管理会社に対応してもらえます。また、郵便ポストにたまる不要なチラシを捨ててもらうように頼んでおきましょう。というのも、留守だとわかると泥棒が侵入する可能性があるからです。

家財をトランクルームに預けて家を引き払う

新たに家を契約する場合、敷金・礼金・引っ越し代などがかかります。そのため、長期出張中でも、家を引き払わずに、そのままにしている人が多いのではないでしょうか。

しかし、出張の期間によっては、いったん家を引き払って、出張から帰ってきた際に、新たに家を契約したほうがお得な場合があります。どちらが得かを計算して、家を引き払うという選択肢も視野に入れてみてはどうでしょうか。

その際、家財はトランクルームに預かってもらう手があります。トランクルームであれば、安心して預けることができますし、家を借りるよりも月々の費用が安く済むからです。

出張先ではホテルよりもマンスリーマンションを利用する

出張先ではホテルよりもマンスリーマンションを利用する

出張をする際、ホテルを利用する人は多いでしょう。しかし、長期出張であれば、マンスリーマンションのほうが経済的なメリットがあります。なぜならば、1日あたりの賃料がホテルと比べると安く済むからです。利用方法も簡単です。

電話で問い合わせ、その後は、FAXや郵送にて気軽に申し込むことができます。入居する際にいちいち来店する必要がなく、そのまま希望するマンスリーマンションに行って、暮らすことが可能です。そのうえ、水道や電気、ガスの手続きをしなくて済みます。

生活に必要な家具や家電、日常品などは50品目以上設置されているため、その日から住むことが可能なのです。ぜひ利用を検討してみてはどうでしょうか。

おすすめ物件一覧

クリエイトマンスリーは、東京・神奈川・埼玉・千葉のマンスリーマンション総合情報サイトです。お客様にぴったりの物件を検索・比較することができます。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-696-730

営業日時
10:00〜18:00
定休日
臨時休業・年末年始
マンスリーマンションTOP
© 2020 Create Seibu Co.,Ltd. All Rights Reserved.