クリエイト西武の長期出張の期間はどのくらい?転勤との違いは?

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-696-730

営業日時
10:00〜18:00
定休日
臨時休業・年末年始

長期出張の期間はどのくらい?転勤との違いは?

長期出張の期間はどのくらい?転勤との違いは?

会社勤めをするにあたってオフィスで働く、外回りをするなどさまざまな働き方があります。その中で、出張がよくある業種もあるでしょう。1~2日程度の出張の場合もあれば、長期出張をするケースもあります。

しかし、長期出張と一口にいってもどのくらいの期間から長期になるのかわからない人も多いでしょう。転勤とは違うのかと疑問に思っている場合もあります。この記事では、長期出張の定義や転勤との違いなどについて詳しく解説します。

長期出張の定義はどのくらい?期間で決まるの?

出張とは会社の都合によって、通常の勤務地以外の場所で臨時に仕事をすることをいいます。これが長期にわたる場合に、長期出張となります。長期出張の定義は明確には決まっていません。

そのため、各企業によって長期出張の期間は違ってきます。一般的には、数週間から数カ月にわたって通常の勤務地を離れる場合には長期出張となることが多いようです。

しかし、ケースによっては1年以上でも長期出張にあたる場合もあります。また、長期出張の場合には、半年間、1年間というように会社によって明確な期限が定められていることが大半です。

転勤と長期出張は違うの?その違いとは?

転勤と長期出張は違うの?その違いとは?

1年を超えるような出張の場合には転勤なのではないかと思う人も多いでしょう。しかし、転勤と長期出張には明確な違いがあります。まず、転勤の場合には所属している部署などが変わります。

たとえば本社から地方の支社に転勤する場合には、本社の社員という肩書きから支社の社員に肩書きが変わりますし、上司も変わるのです。一方、長期出張の場合には、本社の社員という肩書きや上司が変わることはありません。

また、手当の面でも変わってきます。長期出張のケースでは、出張旅費規程に従って日当が支給されることが一般的となっています。対して、転勤の場合には出張手当のようなものは支給されません。

友人や家族を勝手に泊めると規約違反に!?

マンスリーマンションでは、契約時に入居人数を申請して契約をします。誰かを泊めるということは一時的に入居人数に変更が出ることになるため、事前に人を泊めることが可能かどうかを管理会社に確認することが重要です。

許可や申請なく泊めてしまうと、規約違反とみなされることがあります。マンスリーマンションの場合、複数人が入居できる部屋では入居人数によって費用が変わるのが一般的です。

そのため、人を泊めたことで追加料金が発生することもありますので、規約に従って利用しましょう。また、入居者自身が料金を取って転貸(又貸し)したり、民泊やシェアハウスとして使ったりすることも禁止されています。

長期出張にマンスリーマンションがおすすめな理由

長期出張にマンスリーマンションがおすすめな理由

長期出張する場合には、どこに拠点を置くかが問題になります。ビジネスホテルといった選択肢もありますが、長期出張をするのならマンスリーマンションを選ぶといいでしょう。

マンスリーマンションは、家具や家電が揃っているところがほとんどなので、自分の家と同じ感覚で使うことができます。自炊ができる人なら節約しながら出張することができますし、レンジやコンロなども完備されているので惣菜などを温めることも可能です。

ビジネスホテルの場合にはレンジやコンロなどはないので、惣菜などを温めることはできませんし洗濯もコインランドリーかクリーニングサービスをお願いすることになるので、費用面での負担が大きくなります。

マンスリーマンションを借りるときの注意点

マンスリーマンションを借りるときには注意してほしいことがいくつかあります。まずは、備え付けられている家具や家電の種類を把握しておくことです。ほとんどの場合、レンジやコンロ、テレビ、冷蔵庫、ベッドなどの生活に必要なものは揃っています。

しかし中には洗濯機がない、インターネット環境が整っていない場合があるので、設備についてはしっかりと調べておきましょう。

契約方法についても注意が必要です。マンスリーマンションでは、契約期間の家賃を一括払いする場合や1カ月ごとに支払う形式など、企業によって支払い方法が変わってきます。一括で前払いする場合は、途中解約しても家賃が返還されない契約になっていることも多いのです。急に出張が短くなる場合なども考えて、契約内容をきちんと把握しておくといいでしょう。

長期出張が決まったらマンスリーマンションを探そう!

長期出張の宿泊先は、自宅のように過ごせるマンスリーマンションが向いています。ビジネスホテルよりも気を使わずに過ごせるので、ストレスをあまり感じずに暮らすことができるのです。

長期出張が決まったら、出張先のマンスリーマンションを探してみるといいでしょう。その際には、設備や契約内容をしっかりと把握しておくことも大切です。

おすすめ物件一覧

クリエイトマンスリーは、東京・神奈川・埼玉・千葉のマンスリーマンション総合情報サイトです。お客様にぴったりの物件を検索・比較することができます。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-696-730

営業日時
10:00〜18:00
定休日
臨時休業・年末年始
マンスリーマンションTOP
© 2020 Create Seibu Co.,Ltd. All Rights Reserved.